びぼー録

ジャニオタによる備忘録

映画 名探偵コナン ゼロの執行人 感想(ネタバレあり)

名探偵コナン ゼロの執行人】

 

話題のコナン見てきた。

去年も見に行って、今年も引き続きって感じ。純黒の悪夢をテレビで見て、安室透に惚れた。そして、から紅の恋文を見に行ったの時に見た次作の予告で、これは絶対に見に行かないとと思い、ゼロの執行人見てきた。

 

とにかく、安室さん最高。

 

ジャニーズだけじゃなくて、二次元のイケメンも大好きなので、これはたまらんって思いながら映画見てた。映画見終わったあとは、もう私が安室さんの恋人。日本だよ。っことしか考えてなかった。

 

今回の映画は、日本の警察の裏部分って感じのところがたくさんあり、内容も濃いものだった。ちょいちょい話が難しいところがあって、馬鹿な頭をフル回転させながら見てました。裁判とかも難しいし、警視庁と警察庁とか検察庁の公安課とか……軽く頭に入れておいた方がいいかも。

 

まず、サミット開催予定地が爆破されるところから映画は始めるんだけど、この爆破がすごい。出落ち感がハンパない。実際にこんな爆発が起きてたらって考えようと思ったけど、どうなるか予想がつかないぐらいの爆発。

そこにいる安室透。いや、降谷零。爆発に巻き込まれてた。しかも、防犯カメラにちゃっかり映ってテレビに流されてるし。大丈夫なのかよ。

この爆発について調べてみると、ガス栓の開閉をネットから操作できるとかなんとか。すごいハイテクなのはわかるけど、ネットからガス栓開けただけでガス漏れするのかな?そのシステムすごく危なくない??まあ、それを点検しようとしてたら爆発しちゃったんだけどね。あと、防犯カメラも今まで動いてなかったっていうのセキュリティ的にどうなのよ(笑)建設中から付けとけよ!

風見がでしゃばってきて毛利小五郎が容疑者となる。当然の毛利小五郎で周りはびっくり、私も脈絡無さすぎてびっくり。まあ、この人選は仕方ないのだけど。

毛利探偵事務所に家宅捜査が入る。コナンくんのスマホどこやった?事件が起こるのだけど、初見のときは「ああ、風見か…」って感じだったけど、2回目は風見がコナンに近付いて離れて行くときにちゃんとコナンくんのスマホ持ってるところ確認できた。

コナンくんが高木刑事に事件の詳細を聞くシーン。普段のアニメをあまり見ていない私は、この二人ってこんなに仲良くなったの!?って感じで違和感しかなかった(笑)

家宅捜査で押収された毛利小五郎のPCからサミット会場の見取り図なのが出てきて、おっちゃんは逮捕されてしまう。蘭がお父さんはそんなことしないって対抗してたけど連れて行かれてしまう毛利小五郎。駆けつけてくれた園子が新一に連絡しよ!と言うと、連絡したのになんでこんな大変な時に来てくれないの!とコナンがいる前で叫ぶ蘭。辛いね。本当はここに新一がいるのに……。

風見に連れていかれた毛利小五郎をコナンが外まで追いかけて、車が事務所の前から走り去ったあと、ポアロのドアが開き安室透が出てくる。安室透は何事もなかったかのように表を箒で掃く。え?あなたが弟子入りしてる毛利小五郎捕まったけど??っと思った。なんでこいつ平然と店の前を掃いてんだよって普通は思うよね。まあ、公安の人だってみんな知ってるからそこは流しておこう。

コナンくんの質問になんのことかな?と白ばくれる安室さん、好き。白ばくれてたのに最後には「僕には 命に代えても 守らなければならないものがある」と言ってポアロに入っていく。もう好きしかない。

おっちゃんを助ける為に弁護士を探そうとするのもなかなか見つからない。それとは逆におっちゃんの立場はどんどん悪くなっていく。

そして、コナンくんの携帯に仕込んだアプリで盗聴、監視をする安室さん。

コナンくんは安室さんと風見との関係を見抜き、お得意の子供のふりして風見に盗聴器を着けることに成功。子供のふり(見た目は子供だけど)してるコナンくん最高に可愛いよね。

それから、コナンくんは安室さんと風見の会話や捜査会議を盗聴する。コナンくんストーカーだよ。

警視庁の前で捜査会議の内容を盗聴してたから、最後から安室さん登場。コナンくん、よく背後取られるよね。学習しよう。

そこで「毛利小五郎のため?それとも蘭姉ちゃんのためか?」と聞く安室さんの蘭姉ちゃんってセリフが好きです。

すると風見が登場。風見が出て来た瞬間険しい顔をして風見に近づき、風見の腕を捻じ曲げ、コナンくんが仕掛けた盗聴器を取る。この安室さん本当にかっこいいからちゃんと見て。風見を見る安室さんの目が最高に好き。

3人が解散したあと、IoTテロが起こる。コナンがサミット爆発はIoTテロが原因だと突き止める。それを目暮警部に伝えている電話を聞いて、安室さんがIoTテロかと気づく。このとき髪かきあげてる。ほんと、安室さんのオタクは色々と公式に踊らされすぎ。

目暮警部におじさんは犯人じゃないよって言っているところを蘭に見られるコナンくん。慌てて新一兄ちゃんがそう言ってたと言うと、蘭は「新一、お父さんのために頑張ってくれてるだ」と言った。毛利小五郎のためだけじゃないよ、蘭のためでもあるんだよ。って心の中で蘭に教えてあげた。新一×蘭は本当に安心してみれる。

日本橋で安室さんと風見が二人で事件について話し始める。そこで、安室さんは自分が恐ろしいと思う人が二人いると言うと、続けて「一人はまだ子供だけど」と言う顔が良い。哀愁漂ってる安室さんの表情がたまらん。

それから色々あって〜、犯人をつきとめたコナンくんはスケボーで犯人のもとへ駆け出す。それを待っていたかのようにコナンくんの後ろを追う安室透。すると、コナンくんがいきなり立ち止まり、犯人がわかったと安室さんに伝える。すると、今日が犯人にとって重要な日だと気づき無人探査機が東京に突っ込んでくると知る。普通に考えて大事件だし、大問題だし、死んじゃうわ。そこでなんとか犯人のもとへ向かおうとする二人だが、二人の前に立ちはだかるのはIoTテロ。IoTテロにより暴走?した車がコナンくんへ安室透の前に突っ込んでくる。かろうじて避けていたコナンくんだが、高架下を潜ろうとしたとき、高架からトラックが突っ込んでくる。コナンくんピンチ!!!!!!となっと思ったら、安室さんの愛車がそのトラックに突っ込み軌道をかえた。コナンくんがあまりにも真剣な顔で安室さん!!!!!って叫ぶから死んだのかと思ったら、車がすこし凹んだだけで無事だった。恐るべし。

ここで安室さんがコナンくんに向かって、「僕の協力者になってほしい。こんなものを作り出す博士に」とコナンくんが風見に付けた盗聴器を持ちながら言った。『協力者』とはこの映画テーマの一つでもある。

犯人を見つけ問い詰めると、犯人が逃げ出した。それを走って追いかける二人、車の上をぴょんぴょんと飛んで、いろんな車に飛び乗りながら追いかける安室さん。最後は犯人の前にジャンプして降りてきて犯人を取り押さえる。運動神経抜群だな、まじで。非の打ち所がない。

そこで謎解きが始まる。犯人のパスカード気持ち悪くてうける。まさか昔の男(言い方)の名前そのままがパスカードとは…。

無人探査機のパスカードを突き止めたが、間に合わず探査機が警視庁に落ちてきてしまうらしい。すると、爆発で軌道を変えて太平洋に落とす作戦をコナンが提案する。博士が作ったドローンで爆弾を運び、絶妙なタイミングで探査機に爆発をぶつけて軌道を変えるらしい。爆発のタイミングを任された安室さん。ドローンのカメラ?を見ながら爆弾に積んである携帯に電話をして爆発させる。絵的にすごく地味(笑)

無事成功した軌道が変わった。それから、一悶着あり、安室さんとコナンくんが今回の事件について語り出す。コナンくんがひとつだけ分からないことがあると切り出した瞬間、安室さんがコナンくんの携帯電話を指差して「さっきから光ってるけど大丈夫?」と聞く。タイミング!ってなってたところで、コナンくんが確認すると蘭からの着信。警視庁に探査機落ちちゃうから埋め立て地にあるカジノタワーに避難してるよって留守電だった。それをコナンくんが聞いてるとき、安室さんは風見から連絡をもらい、軌道を変えた探査機が太平洋届かずカジノタワーに落下すると連絡をもらう。

蘭がやばい!!!!!!ってなるコナンくん。でも、コナンくんが探査機の軌道変えなかったらそうならなかったのでは??と思ったけどね。安室さんがどうする?と切羽詰まったように聞くと、「安室さん、今度は僕の協力者になってもらうよ」という。

こっからはもう安室透のターン。

とりあえず、安室さんの愛車でコナンくんと共にカジノタワーへ向かう。埋め立て地にあるカジノタワーに行く手段は橋を渡るしかないのだが、その橋は2本しかなく、カジノタワーが避難場所になってると情報を聞いた一般の人もカジノタワーに向かおうとしており、その2本の橋では渋滞が起きていた。

気持ちいいぐらいにドリフトを決めながら車の間を縫うように運転する安室さん。コナンくんがこの先渋滞だよ!と言う。目の前のカーブの先が渋滞だと聞いた安室さんはもっとアクセルを踏み180km/hも出す。まじかよ。メーター振り切ってるよ。どうするの??飛ぶの??って思ったら、カーブを利用して車体の片側を浮かせ、車が縦になった状態で渋滞している車の間を滑って行く。自分で書いてて意味わからん。

次に渋滞に巻き込まれていた車を運ぶ車?(名前わかんない)に乗り道路の端から飛ぶ。(おそらく走っていたのは首都高)そして、埋め立て地の周りをグルグル回っていたモノレールの上に飛び乗り、「ここだ!」と言ってハンドルを切るとモノレールから降りて、モノレールの線路の上を走り出す。すると、前方から安室さん達に向かってくるモノレールの姿が!すると安室さんはまたしてもアクセル全開で突っ込んでいく。このときの顔がすごい。悪い人みたいな顔してる。好き。サイドミラーが吹っ飛んだと思ったら、線路の脇にある塀みたいなところに左タイヤを、右タイヤをモノレールの側面に乗せて車を走らす。そこからまたモノレールの線路に飛ぶと、次は後ろからこちらに迫ってくるモノレール。飛んだ直後なのでなかなかバランスが取れずフラフラしている安室さんの愛車。だが、なんとか持ち直しまたアクセル全開でモノレールと距離を開けていく。そして、やっと安全な時間が流れ出す。さすがのコナンくんも死ぬかと思ったと言っていた。

何書いてるかよくわかんなくなった。とりあえず、見たことを文字に置き換えてみたけど、実際に見ないと車がどうなって、どこ走ってるのか想像つかないと思う。とりあえず言えることは、安室さんすごくかっこいいよ。

再び探査機の軌道を変えるため、カジノタワー付近にある建設中のビルへ向かい、そこからまた車を飛ばして軌道を変える作戦に出る。この時点であと5分でカジノタワーに探査機落ちるって言ってるけど大丈夫なの??って私はなってた。二人(安室さん、コナンくん)は冷静だったけど。

業務用?のエレベーターで車ごと建設中のビルへ上がってきた二人。あと1分でここから飛ぶ必要があるとコナンくんが言って、真剣な顔でスマホにタイマーをセットした。その姿を見ている安室さん。顔が可愛い。コナンくんは安室さんの視線に気づくと安室さんに視線を向ける。安室さんは笑みを浮かべながら「愛の力は偉大だね」と言う。

次はコナンくんが安室さんに質問した。

 

「前から気になってたけど、安室さんは彼女いるの?」

ちょっと待ったああああああああああ!!!!!なんだその質問!!!!!となり、すっごいドキドキし始める私。そんなデリケートな質問しちゃだめだよコナンくん!!となりながらも気になる!気になる!!実際どうなの!!!と本気で気になる出す私。この質問が出た瞬間、いろんな感情で溢れかえってた。

その質問を聞き、視線を上に向けて考えるそぶりをする安室さん。顔が、顔が可愛いよ安室さん。何考えてるの??いるの??彼女いるの??って静かに映画見ながら内心ザワつきを抑えられないでいた。

 

「僕の……恋人は………

 

この国だ!!!!」

 

はい死んだ。この人ほんとかっこよすぎ。

私、国になる。

 

 

それから、マリカーのごとくスタートダッシュを決めた安室さんだが、障害物に邪魔をされスピードが落ちる、このままじゃ届かない!とコナンくんが言うとUターンをして再び加速。ボンネットからは火が出てくる。火を吹きながら走る車。そして、空高く飛んだ車。そこからはお決まりのキック力増強シューズで、ベルトから出したボールを蹴り探査機の軌道をかえることに成功。いろんな衝撃で落ちていきそうになるコナンくんを安室さんが抱えて、銃でガラスを割りながら近くのビルへと転がっていく。この時安室さんの腹チラ見える。腹筋腹筋。

ガラスで怪我をした安室さん。血を流していても素敵。個人的には好きなキャラが流血してるの大好きなんでグッジョブ。

全て解決したところで、警視庁の屋上で聞けなかった質問をコナンくんがした。「なんで小五郎のおじちゃんを犯人にしたの?」と聞くと安室さんは毛利小五郎を犯人にしたらコナンくんが動かざる得ないと踏んでいて、「君の本気の力を見たかったからから」と言っていた。コナンくんは「買いかぶりすぎだ」と言う。

そして二人は何事も無かったかのようにそれぞれ帰っていった。

 

ほんと最高だった。

私は生まれたときから安室さんの女だったと気付かされた。

私の友人も最初は馬鹿にしていたけど、映画見たとたん私に謝ってきて、安室さんの女になったって言ってた。

見るだけでもれなく安室さんの女になれるから見たほうがいいよ。

 

来年はあの大人気の怪盗さん。たぶん見に行く。